workstyle
第一三共エスファでの働き方

専門性を磨き続けるために

第一三共エスファの職場は、社員一人ひとりのチャレンジが常に求められる環境です。MRにとって、そして安全管理や品質保証といった本社スタッフにとって、活力のある就業環境を目指しています。

SCROLL
イメージ イメージ
専門性が求められ続ける環境

第一三共エスファのMRは、自社製品の情報提供、そして副作用情報の収集を、確実に、かつ使命感を持って行っています。毎月の営業スキル・知識研修などで専門性を磨き続け、特に、副作用対応に慎重さが求められるがん領域では、e-Learningや知識試験などを通じて、その専門性を高めています。

MRは、調剤薬局はもちろんのこと、病院・クリニック等の処方元への訪問も適切に実施し、信頼ある医療パートナーとしての役割を担います。明日の医療に貢献していくという使命感を持って、仕事に臨める環境があります。

イメージ イメージ
成長の機会と安心の未来を提供

第一三共エスファは、創業が2010年と若く、成長し続けている会社であることから、若手を含めてすべての社員に重要で責任ある仕事が任されます。MR、安全管理スタッフ、品質保証スタッフから、経営管理・戦略企画などの他のポジションへのキャリアチェンジも可能性があります。

また、第一三共グループ水準の報酬制度、福利厚生制度を採用しており、長く安心して働ける就労環境・制度を整えています。

イメージ イメージ
品質保証・安全管理

品質保証スタッフは、GQP・GMPに基づき、製造委託先である国内外の原薬製造所や製剤製造所の製造管理状況、そして品質管理状況を監査して、第一三共グループ水準の品質を担保する事が主な業務です。欧米・アジアなどの海外製造所も多く、グローバルに業務にあたります。

安全管理スタッフは、GVPに基づいて、症例評価業務として、国内の有害事象報告へ対応するとともに、国内外文献、海外措置情報等を収集・評価し、必要に応じて当局への報告や、添付文書の改訂に対応します。ほぼ半年に一回の新製品発売となり、幅広い領域の薬剤に携わることから、専門性の深化に加えて幅広さも求められます。