recruit
働く環境・福利厚生

一人ひとりが活躍し、
成長し続けるために

やりがいをもって生き生きと働く社員の力は、企業理念を実現するための「最大の推進力」です。第一三共エスファでは、社員が継続的に成果を創出していくために、活力ある組織風土の醸成や、柔軟で多様な働き方への支援・取組みを推進しています。

SCROLL
人材育成
社内制度

求めるのはジェネリック普及への志と
患者さん目線をあわせ持つ人材

第一三共エスファの社員は、AGや付加価値ジェネリック医薬品を市場へ届けて、患者さんが安心して服薬を続けられる環境づくりに努め、国策であるジェネリック比率80%達成に貢献することへ強いコミットメントを抱いています。志を同じくする人材と共に働き、社会的に求められるジェネリック医薬品のさらなる普及に取り組みたいと考えています。

また、ジェネリック医薬品の普及においては、患者さん目線で考え、そして行動し、高い水準での医療貢献を追求していきます。この考え方に共感いただき、生命倫理への熱い想いを持つ方に、第一三共エスファでの活躍を期待しています。

全体最適の視点を持つプロフェッショナル
人材を育成する

第一三共エスファでは、社員に「コンプライアンス」を意識した行動はもちろん、「全体最適」の視点を持った「プロフェッショナル」として活躍することを求め、そのための人材育成に力を入れています。

私たちが考える「全体最適」とは、組織成果の最大化を第一義に捉え、他者の考えや意見を尊重する姿勢を持って、関係者と連携して組織へ貢献できる存在、そして「プロフェッショナル」とは、一段高い目標への挑戦意欲を持ち、その達成に向けて主体的にPDCAサイクルを回しながら、成果を出せる存在を指します。

プロフェッショナル人材としての成長を後押しするため、第一三共エスファでは独自の人材育成制度を用意。営業スキルや必要知識、思考力強化プログラムなどの研修に加え、第一三共グループ共通の階層別研修や、ロジカルシンキング・コーチング・ファシリテーション等の手上げ式ビジネススキル研修、英会話、通信教育などの自己啓発支援を設けています。もちろん、スキル・知識の研修も実施します。

求める人物像

仕事を通じて企業人として成長

  • CAN 自分でできることは何か?
  • MUST それぞれの立場で
    求められていることは何か?
  • WILL 自分がやりたいことは何か?
キャリア形成
自己成長申告制度
異動ローテーション
スキルアップ
自己啓発
職種別の研修
グループ共通の研修
スキルアップ
  • 自己啓発
    ビジネス通信講座・公開セミナー・
    スキルアップ研修・英語力強化他
  • 職種別の研修
    各社職種ごとの研修を企画・
    専門スキルや知識を取得・
    若手対象の階層別研修など
  • グループ共通の研修
    階層別研修・マネージャー育成研修・
    選抜リーダー研修

学びに集中する場:NEXUS HAYAMA

普段の職場から離れ、ゆったりとした時間の中で、他者と一緒に学び合うことを大切にしている第一三共グループでは、神奈川県の湘南エリアに研修施設『NEXUS HAYAMA』を設けています。

第一三共グループの社員との交流が深まることで、社員同士のネットワークもより強くなっていきます。協働することの大切さを一人ひとりが意識して、チームで働くスタイルをNEXUS HAYAMAで醸成します。

写真 外観1
写真 外観2
写真 アトリウムラウンジ
写真 セミナールーム
写真 国際会議場
写真 宿泊室

パフォーマンスを発揮するための
環境づくり

第一三共エスファでは、労使で働きやすい環境づくりに積極的に取り組み、36協定の遵守(時間外労働の削減)はもちろんのこと、有給休暇の取得についても、取得目標を全社的に設定し、取得率は年々あがっています。

また、10年以上の勤務に対して、5年ごとに5日間のリフレッシュ休暇、10年ごとに一定額のリフレッシュ休暇支援金を給付し、長く働くための制度を設けています。

その他にも、在宅勤務制度やコアタイムなしのフレックスタイム制を導入し、一人ひとりの社員に合った柔軟な働き方を目指しています。

第一三共グループが目指す
ワークライフサイクル

一般的にはワークライフバランスと表現していますが、第一三共グループでは、バランスという両立や天秤のイメージではなく、仕事と生活の好循環の意味をこめて、「ワークライフサイクル」という名称で独自の考え方を提唱し、社員一人ひとりがメリハリある働き方に取り組むことで、ワークライフサイクルの充実を目指しています。

WLC
働き方の工夫による
労働時間の見直しと
生産性の向上
選出された時間で
仕事以外の
生活も充実
新しい視点の獲得と
個人の能動的な成長
新しい視点や
知識・経験を活かし
成果を出す
  • CYCLE 1 仕事の生産性向上により時間を創出し、
    仕事以外の時間を充実させることで、
    心身の健康維持とともに、個人が多様な経験を
    積み、
    新しい視点や知識、考え方を獲得する
  • CYCLE 2 多様な視点をもつ個人が組織に集まり、
    互いに刺激し合うことで、
    新たなアイデアや価値を創造する
  • CYCLE 3 周囲から得た刺激が、次の行動を生み、
    WLCの好循環が回ることで、
    個人と組織の成長を促す

健康的に安全に働くために

第一三共エスファでは、社員の健康増進の施策も積極的に進め、希望する社員全員にウェアラブル機器(スマートウォッチ)を配布して、ウォーキングをサポート。会社が費用負担する人間ドックについても、上長から部下への呼び掛けにより、高い受診率を目指しています。

また、営業現場においては、社員の安全を守ることを目的として、営業車輌にテレマティクスを搭載することによる安全運転の推進や、外向きドライブレコーダーの設置によって、近年、社会問題化している煽り運転の防止を図っています。

また、2020年4月より会社敷地内は全面禁煙となるとともに、就業時間帯は、会社の内外を問わず禁煙となりました。

多様な働き方を認める職場

女性活躍支援についても力を入れ、独自の育児支援サイトを運営し、育児と仕事の両立セミナーや、男性育児面談(上長は、男性社員の配偶者が出産した際に面談し、育児休暇を勧める制度)などを実施して、性別に関係なく活躍できる環境が整っています。

また、本社スタッフ部門では、日本以外の国籍の社員も働いており、多様性を認め合う風土も定着しています。

主な福利厚生制度

子育て支援
  • 子ども手当 子どもがいる社員には一定額を毎月支給
  • 子育て支援給付 出産時、子どもの小学校入学時に一定額を支給
  • 看護休暇制度 小学4年生まで年間10日取得可
  • 育児支援面接制度 休業前、復職前後に上司と面談し両立をサポート
  • パソコン貸与 産休・育休中に業務で使用していたパソコンを貸与
  • ベビーシッターサービス 会社が契約する業者を低額利用
  • 事業所内の保育所の設置 保育所『KIDS GARDEN』を4施設設置
介護支援
  • 介護支援給付 両親の介護認定時に一定額を支給
  • 介護サービス 介護個別相談会、
    介護代行派遣などのサービスを提供
  • 介護セミナー 専門家による介護に関する説明会
医療関連
  • 人間ドック 人間ドック休暇(有給)、受診費用を支援
  • 医療関連給付 不妊治療費用支援、
    インフルエンザ等ワクチン接種補助
  • メンタルヘルスサービス カウンセラー派遣などのサービスを提供
人材育成
社内制度
ENTRY

各エントリーボタンよりご応募ください。
説明会などのイベントへのご招待を
弊社よりご連絡申し上げます。